先日の認知の入った方のパソコン事情について

この間、病院で知り合った方のパソコンの調子が悪いといった事からの、パソコンを何とかしてという頼みを訊く機会があったので、少しだけパソコンについて簡単なことを書きたいと思います。

その友人のお宅ではネットが繋がっていないため、主に音楽を聴いたりDVDを見たりするのに使ってるんですが、電源ボタンを何回押しても電源が入らないとのことでした。

そうしてその方に、コンセント入ってますか?と聞いたところ入ってるとの事でしたので、「う~~ん、それじゃあ見に行きますね~」と言って電話を切りました。

ちょっとアルツハイマーが入ってる方だったので、まあ行ってみようと思い原チャリを飛ばしていきました。

そうなると確かにコンセントは入っていたのですが、コンセントの入ってる五連タップの待機電力をオンオフにするスイッチが切れてました。まあ良くあることです。

そうして「直りましたよ」と言うと、とっても感謝されたので、まあいつでも呼んで下さいと言って、その場を後にしました。

またその事をFacebookに書いていたら、他の知人もパソコンで不具合が出てるから付け足しに来て~とメッセが入っていたので、「分かった、良いよ~」と言って先日行ってきました。

その方のパソコンはCドライブが容量がいっぱい過ぎてかしこく作動しないYoutubeも見れないとの事でした。何かとCドライブに空きを作ってはみたんですが、元々のHDDの容量が36G。そうしてメモリーは1G。Windows7が入ってるという厄介なモノでした。

「これ置き換えた方が良いよ?Windows7のシステムだけで20Gは取り扱うから、少しのアプリだけで36Gなんて一杯になるし、メモリーは最低でも4Gはほしいところだよ?」と言って買い替えを求めました。

元々がWindowsXPを無理やり7にしたものだったので、土台から直さんと駄目だなと思いました。時代はWindows10だしメモリーも大体が8Gが最低の時代。CPUもCereronMだったし、動いてるのが不思議(笑)。

ネットに繋がるのも起動してから五分位後だったから、10000も出せば良いもの買えるから、買ってくださいと言ってその家を後にしました。

最近はスマホ時代なのでPCとれる人が少ないんですよね。僕も昔は素人でしたが、今では少しは分かります。時間と情熱があればPCはアッという間に細かくなります。皆さんも情熱を持ってほしいものです。