厳しくなった主婦のキャッシング

主婦がキャッシングを利用する場合には2010年の貸金業法の改正に言及しない訳にはゆきません。貸金業法の改正によって導入された総量規制によって貸金業者の貸付には例外を除いて収入の三分の一までという条件が付けられたからです。

総量規制によって収入のない専業主婦は貸金業者からのキャッシングはできなくなりました。総量規制の例外として配偶者貸付の制度がありますが、配偶者貸付を実施している貸金業者はかなり少ないのが現状です。総量規制の対象外である銀行のカードローンを利用することは可能ですが、専業主婦が銀行カードローンの審査を通ることは簡単ではないことは誰でも分かることです。

ただし、主婦といってもパートなどをしており、安定した収入のある主婦は貸金業者からキャッシングを利用することができます。しかし、パートなどの収入では大きい金額のキャッシングは利用できませんが、金額が少ない分審査は通りやすいという面もあります。

若い人ほどキャッシングを利用するべき
http://www.theguyanaproject.org/archives/30.html